スポンサーリンク
お知らせ

オンライン授業でアクティブラーニング!生徒の学習能力を高めるには?

新型コロナウイルスによる休校要請が出されている中、全国のほとんどの学校で休校が続いています。そんな中、オンライン授業を始めている学校が増えていますが、オンラインでもアクティブラーニングを行なうことが十分に可能です。今回は、生徒の学習能力を高めるためのアクティブラーニングについてみていきましょう。
IT事業

オンラインテレワーク仕事は可能?これまでの古い働き方を見直そう!

新型コロナウイルスの猛威が収まらない中、オンラインでのテレワーク(在宅勤務)で仕事を進めることが推進されています。これまで勤務先に出勤することが当然でしたが、新型コロナウイルスの影響で、人は今、勤務の形態を見直す時期にきているかもしれません。今回は、オンラインでのテレワークでの仕事は可能なのかについてご紹介します。
基礎学力育成部

失業廃業で家賃が払えない!住宅確保給付金について職員に聞いてみた

失業や廃業で収入がガクンと下がると、家賃の支払いが心配になってきます。住むところがなくなると、引越し代金が必要になるなどのリスクがある他、生活の基盤そのものがなくなってしまいます。そこで今回は、住居を確保するために申請すべき住宅確保給付金について、大阪市北区職員に話しを聞いた内容についてご紹介します。
基礎学力育成部

複業(副業)は難しい?豊かな生活をしている人の複業の進め方とは?

世の中にはさまざまな職業があり、中には年収数千万以上を稼いでいる方がいらっしゃいます。稼いでいる方の多くは複業をしている方が多いのですが、複業で稼ぐのは難しいイメージがもたれていますが、実際に豊かな生活をしている方はどのように複業を進めているのでしょうか。今回は、豊かな生活をしている方の複業の進め方についてご紹介します。
お知らせ

新型コロナウイルスによる学校休校期間中の児童生徒の預かりについて

大阪市は、新型コロナウイルスによる学校休校期間を2020年4月19日(日)まで延長すると発表しました。3月から続いている休校期間を含めると、約1ヶ月半の休校期間となり、最初は休校を喜んでいた子どもたちも学校再開を望んでいるのではないでしょうか。また保護者の方は、子どものお世話が大変だったり、共働き世帯では子どもだけを家に留守番させておくのは不安なところです。そこで「六等星」は、日中お子さまをお預かりさせていただきます。
基礎学力育成部

私立学校(中学校・高校)の社会科・地歴公民科の教員になるには??

新年度に入ると次年度の私立学校の教員募集が少しずつ増えていきます。既卒者だけでなく新卒見込みの大学生・院生も、教員になるためには各私立学校が実施する採用試験を受験しなければなりません。複数の教科がある中、私立学校社会科・地歴公民科の教員をめざす方もいいはず。今回は、私立学校(中学校・高校)の社会科・地歴公民科の教員になるにはどうすればいいのかについてご紹介します。
基礎学力育成部

新しい挑戦には不安・リスクがある!成功のカギを成功者に聞いてみた

新しいことを始める・挑戦するとき、多くの人が不安・リスクを感じます。しかし「失敗したらどうしよう…」と弱気になっていては新しいことは何もできません。今回は新しいことを始める・挑戦した際に成功するカギを、成功者を例にご紹介します。
基礎学力育成部

開業・起業で自己資金は必要?公庫・銀行の創業計画書・面接について

初めて開業・起業する方は「自己資金は必要なのか?」「公庫・銀行で融資は受けられるのか」とさまざまな疑問があると思います。融資を希望する場合は、日本政策金融公庫や銀行で融資を希望するのが一般的ですが、どのような流れで融資の申し込みをするのでしょうか?今回は、開業・起業で自己資金は必要なのか、公庫・銀行の創業計画書・面接についてご紹介します。
基礎学力育成部

これからの生活・学習の仕方とは?新型コロナをきっかけに考える!

新型コロナウイルスの蔓延が広がる中、私たちの生活にも大きな変化が見られます。学校に通えない、人が集まる複合施設にも行けない…。これまで当たり前だった生活・学習スタイルが、もはや当たり前ではなくなっています。今回は、新型コロナウイルスをきっかけにこれからの生活・学習スタイルについて考えていきましょう。
基礎学力育成部

感染病にどう対処・対応する?経営者・学校長・管理職に迫られる判断

2020年3月5日12時現在、日本国内では1036名が新型コロナウイルスに感染しており(クルーズ船の人数を除くと324名)、今後もその拡大が予想されています。日本政府は感染の拡大を食い止めるためにさまざまな施策を打ち出していますが、それと同時に会社企業の経営者、学校長、管理職も労働者・従業員・教員・教師・先生・生徒を守るために独自の対策を考えなければなりません。そこで今回は、国や会社企業・学校などの組織が感染病に対してどのような対策をとっているのかみていきましょう。
スポンサーリンク