教育・塾事業「六等星」

Well-being Marketing Japanが運営する「コミュニケーションスクール六等星」は、これからの社会を強く生きていく子どもたちを育成しています。

一般に肉眼で見える最も明るい星を一等星、最も暗い星を六等星といいます。暗いという言い方はネガティブに聞こえますので私も使いたくない表現です。ただ生まれた子どもたち(人間)のスタートが六等星としたときに、六等星より明るい星になれるよう教育したいという願いをこめてスクール名にしました。

そのような由来がありますが、成長した子どもが六等星のままでもいいですし、五等星でも四等星でもいい。一等星がすべてではありません。

コミュニケーションスクール六等星は、何等星であってもその子どもの個性・意志を尊重し、成長させていきます。子どもの存在がすべてで、その生徒に合わせた教育を展開しています。

保護者の方は、子どもの学校の成績や語学力を上げるために、塾や英会話教室に通わせているかもしれませんが、それらの力以外に身につけさせないといけない力として「コミュニケーション能力」があることをご存じでしょうか。

現代人は、相手とコミュニケーションをとるのが苦手な方が多く、コミュニケーションがきちんととれないがゆえに人間関係が崩れたりトラブルに巻き込まれることが多くなっています。

また企業が若者に求めている力は、15年以上連続してコミュニケーション能力なのです。

学校教育や入試制度も、これまでの学力筆記試験だけでなく、思考力やコミュニケーション能力が問われる制度へと変わってきています。

アメリカ・シカゴ大学の40年以上にわたる研究の結果、学力が高い人よりコミュニケーション能力などを身につけた人間力が高い人のほうが幸せな生活を送っていることが証明されているのです。

これらのことを踏まえると、コミュニケーション能力を身につけておくことで、良い人間関係を構築・継続させることが可能になり、幸せな生活を送ることができます。

六等星は、生きていく上で必要なコミュニケーション能力を向上させるとともに、学校で習う学習内容を深く考えさせる教育を展開しています。

タイトルとURLをコピーしました